海外ではiライン処理を含め、デリケートゾーンのお手入れは身だしなみのひとつと考えられており、脱毛をしている人の割合のほうが多いと言われています。
海外だと下着のデザインがコンパクトなものが多く、Tバックをはく機会も多いため、デリケートゾーンの脱毛を一般的に行っています。
日本はまだデリケートゾーンの脱毛は定着しておらず、処理をしていない人の割合のほうが多いです。
ですが最近ではデリケートゾーンの脱毛が注目されており、少しずつではありますが脱毛を行っている人が増えています。
脱毛を行うことでムダ毛がショーツからはみ出すことを防げるので、ムダ毛を気にせず外国製のコンパクトなデザインの下着も付けることができます。
iライン処理をすることで、デリケートゾーンを清潔に保つこともできます。
ムダ毛がなくなることでムダ毛に排せつ物がつくことがなくなり、臭いやムレを防げます。
特に生理の時は血液が付着しないので衛生的です。
デリケートゾーンがかぶれにくくなったという声もあります。
通い始めは恥ずかしく感じるかもしれませんが、それ以上に脱毛を行ったことで得られる効果は大きいので、一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

衛生面からみるメリット

エステサロンでプロの手による脱毛を受ける方が増えています。
最初はワキやすねなどの脱毛を希望される方でも、徐々にほかの部分の脱毛に関心がうつられるケースも多いようです。
特に注目されているのが月経時のナプキンなどが当たるiライン処理というコースです。
このiライン処理は同時に、肛門周りのOライン、そしてビキニを着た時に気になるVラインを含めてハイジニーナ脱毛として受けることができます。
このハイジニーナ脱毛の大きなメリットが衛生面での点です。
月経時の経血は処理するのが大変で、夏場などはニオイが気になるという方もいらっしゃいます。
こうした悩みはなかなか解決が難しいのですが、ハイジニーナ脱毛でiラインを処理することで、こうした経血の処理が大変楽になるのです。
月経中の不快さも軽減でき、衛生的に管理することができます。
こうしたデリケートゾーンはいつも湿度が高いため、雑菌が繁殖しやすいのですが、こうしたムダ毛処理をすることでいつでも清潔にできますので、匂いも気にならなくなり自信を持つことができるでしょう。

衛生面から見るメリットは測りしれませんが、それ以外でも大胆なファッションにチャレンジできるなどメリットが大きいのです。

毛抜きはNG

iライン処理は自分では処理しにくく、処理方法を間違えてしまうとトラブルの原因になります。
 iラインというパーツはとてもデリケートです。自分で処理をする場合、アンダーヘアの長さを整えるなど、できるだけお肌に触れずにすむような方法で処理できないかを検討した方が良いでしょう。
 もし長さを整えるだけでは対処できない場合、電気シェーバーを使って毛を剃ることをおすすめします。カミソリを使って剃ると角質層を傷つけてしまいますが、電気シェーバーであればその心配はないからです。
 ところで、このアンダーヘアの処理で多くの方々が経験されているのは、毛抜きやワックス、除毛クリームで脱毛するといった「抜く」方法ではないでしょうか。しかしこういった「抜く」という方法は、あまりおすすめできません。
 毛抜きなどを使ってアンダーヘアの太い毛を引き抜くと、その毛につながっている毛細血管を傷つけ、出血や炎症を引き起こす恐れがあります。また、処理後には埋没毛になったり肌に黒ずみができる、といったトラブルも生じます。
 もし自分でiライン処理をしていてこうしたトラブルが発生したら、早めに皮膚科を受診し、お医者さんに相談するようにしてください。
 

全身脱毛沖縄